ピルってこんなにすごいんだ!

ピルってこんなにすごいんだ!

生理日をずらす、生理痛を軽減する、妊娠しないようにする、PMSを解消する、実はこれ、すべて「ピル」で可能な効果です。ピルには多数の種類があり、選ぶのが難しいですが、目的を考えながら相性がいいものを選びましょう。

ピルで期待できる効果は一つだけじゃない

ピルというと望まない妊娠を予防する避妊効果が主な効果だと考えられがちで、実際のところ避妊ピルの一番大切な効果は避妊効果であるというのは間違いの無いことでしょう。
しかしピルには避妊効果以外にも様々な効果があり、まず挙げられるのが生理不順をはじめとする生理に関連する症状の緩和です。
生理のペースが乱れてしまっている、生理痛がひどい、生理前症候群に悩まされるといった女性特有の諸症状はかなり苦しいものになるでしょうが、このピルは一時的に生理を止めることが出来ます。
生理が止まってもピルを飲むのを止めれば体は元のリズムに戻りますから、生理のペースをリセットして症状を改善する効果が期待できるのです。
加えて生理を停止するということは妊娠に関連する人体機能を動かさないことになりますから、子宮内膜症などの病気を予防する効果も期待できます。
既に子宮内膜症を発症している場合であっても子宮内膜症の進行を食い止める効果があるということが明らかになっているため、子宮内膜症と診断された人が一時的な対症療法としてピルを処方されるケースも少なくありません。
またこのピルは女性ホルモンが主成分となって作られているため、女性ホルモンの補充ということでも役立ちます。
女性ホルモンを補充することによって得られる効果としては多毛症の改善やニキビなど肌荒れの改善があり、こうした効果も、副次的なものではありますが注目するべきポイントと言えるでしょう。
その他長期服用によって骨盤内感染症の予防や子宮体がんの予防といった効果も得られますから、計画的に妊娠をしたいと考えている人が服用する意味はかなり大きいです。
最近では日本国内の産婦人科で広く処方されるようになっているため、もしメリットを魅力的と考えられるのであれば一度相談をしてみると良いでしょう。

避妊を希望するときはこのピルが処方されます

コンドームは避妊の成功率が高いとされていますが、敗れてしまうこともあります。
より確実に避妊したいという場合、低用量ピルを利用すると良いでしょう。
低用量ピルは生理周期を遅らせたい場合や生理痛を軽減したい場合などに使われることもあります。
また、卵巣がんや子宮体がんのリスクを下げる効果や子宮内膜症を軽くする効果などもあると言われています。
卵巣がんというのはなかなか症状が出ませんし、見つかった時にはかなり進行していることが多くなっています。
子宮内膜症は不妊症になってしまうこともあるため、低用量ピルを使ってリスクを下げると良いでしょう。
低用量ピルは安全性の高い薬と言われていますが、全く副作用が起こらないわけではありません。
吐き気や頭痛などつわりに似た症状が起こることもあります。
しかし、このような症状は一時的なものですし、飲み続けることで気にならなくなるでしょう。
処方されたピルの種類によってはイライラや鬱などの精神的な症状が出てしまうこともあります。
このような副作用が出てしまった場合、その低用量ピルが体質に合わなかったことが考えられます。
体質についてはどうすることもできませんし、他の低用量ピルにしたり漢方薬を飲んでみると良いでしょう。
また、飲み始めは体が慣れていないこともあるため、ある程度服用を続けてみることが大切です。
低用量ピルは正しく服用することにより、ほとんどの確率で避妊に成功すると言われています。
避妊効果を維持したいという場合、飲み忘れないように注意しましょう。
決まった時間に毎日1錠ずつ飲むことが大切であり、時間については好きなタイミングで問題ありません。
1日以内に飲み忘れた場合は気づいた時点ですぐ飲むようにすることが大切です。

ピルは運転する前に飲んでも大丈夫?

薬はものによって催眠作用があるために運転前の服用を控えるように指導されることがあります。
こうしたことはピルでもよく疑問点とされるのですが、まず普通の薬のように眠気が生じるなどの副作用はありません。
ピルの主成分はエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンですから、他の薬の成分のように眠気を引き起こすような作用が無いのです。
ただだから無条件で運転して良いとも言えず、注意が必要なのがピルを服用することで発生し得る頭痛や吐き気といった副作用です。
こうした副作用は人によってかなり強く出てくることがあり、体が慣れるまでは日常生活に支障が出ることもあります。
もし飲み始めてそうした強い副作用が出てきた場合、しばらくの間はなるべく運転を避けた方が良いでしょう。
運転中に強い吐き気や頭痛に襲われてしまった場合には本来の判断力が発揮できなくなることがありますし、運転中に吐き気が抑えきれずに嘔吐した場合には大事故につながる恐れがあります。
ただこうした副作用については頭痛薬や吐き気止めといった薬を併用することで対処が出来ますから、どうしても運転をしなくてはならない事情があるのならば婦人科でその旨を伝え、ピルと一緒に副作用対策のための薬をもらうことをお勧めします。
おおよその場合は薬を飲んで対処すれば副作用が辛くて耐えられないなどのことはないのですが、体質によっては副作用が非常に強く出てしまうことがあり、その場合には早い段階で医師に相談することが必要になります。
中には何らかの病気があって症状が出ているのをピルの副作用と勘違いしているケースもあり、放置していると重大な問題に繋がることが考えられますからピルを処方してもらった産婦人科に相談しましょう。
■ピルを止めて生理がきたときのために
生理痛にはボルタレン!